自動車保険の等級について

自動車保険に加入している方々はノンフリート契約の自動車保険に加入していることが多いと思います。ノンフリート契約を前提にして自動車保険の等級についてご紹介したいと思います。
 
◆ノンフリート契約とは

ノンフリーと契約は、契約者が所有もしくは使用する自動車の総台数が9台以下の契約のことをいいます。自動車保険の保険料はそれぞれの自動車によって違ってきます。10台以上の所有となるとフリート契約となりますので、全車が1枚の保険証券で管理されることになります。

自動車保険において等級はとても重要なものです。自分が現在は何等級で、等級が変わるとどうなるのかを再確認してみると良いかもしれませんよ。等級が上がるときは毎年1等級ずつで、下がるときは一事故をおこした場合に3等級ずつとなります。

・契約の継続、更新の場合

1等級:50%割増、2等級:40%割増、3等級:30%割増、4等級:20%割増、5等級:10%割増、6等級(F):なし、7等級(F):20%割引、8等級:30%割引、9等級:35%割引、10等級:40%割引

11等級:45%割引、12等級:50%割引、13等級:50%割引、14等級:55%割引、15等級:55%割引、16等級:60%割引、17等級:60%割引、18等級:60%割引、19等級:60%割引、20等級:60%割引

※保険会社によって若干内容が異なる場合がありますので注意してください。

16等級から上は割引率が変わっていないことがわかります。なぜ等級を以前の16等級から増やす必要があるのか不思議に思う方もいるかもしれませんが、長年無事故だった人をこれまでよりも優遇するためにとられている措置なのです。

これまではどんなに無事故を続けても16等級までしかありませんでした。しかし、その時点で等級が下がるような事故を起こしてしまうと13等級まで下がってしまうことになります。

けれども20等級の場合には、事故を起こしたとしても17等級にさがるだけなので割引率は変わりません。

自動車保険見積もり比較ガイド 新着情報

自動車保険の選び方はどのようにしていますか?あなたは自動車保険をご検討中ではありませんか?自動車保険を選ぶとき困ってしまうことはたくさんの保険会社の中からどれが良いのか?と判断する点です。自分にとって一番良いのか、分らなくなってしまう方も多いのではないかと思います。そして、できるだけ保険料を安く抑えたいというのは、誰もが同じ考えだと思います。しかし、いざというときに、すばやいきちんとした対応をしてもらえる自動車保険を、選びたいものです。

インターネット上には、各社保険会社の自動車保険の見積もりを一括で請求できるサービスを提供しているサイトがあります。電話などで保険会社に、それぞれ見積もり依頼をするのは手間がとてもかかりますよね。インターネットであれば、一括で見積もり依頼ができて、かつ、その見積もり内容を、比較することができるためとても便利です。インターネット上に個人情報を入力して、見積もりを出してもらうことは情報が流出してしまうのでは?と心配になる方もいるかもしれません。

しかし、きちんとしたサイトであれば、個人情報の保護に対処しているため心配はないと思います。個人情報は、例えば、ホームページのアドレスが、「https」から始まるものであれば、SSLという暗号化を行なった上でデータ送信するといった保護がなされています。逆に、きちんと暗号化されているホームページを選ぶようにして利用することもポイントになると言えるでしょう。

自動車保険関連ニュース