車両保険で保証されるのか

スーパーなどへ買い物に行ったときなど買い物を終えて駐車場に戻ってみると自分の愛車に見慣れないキズが付いているということもありますよね。これは、大変ショックな出来事です。こんな場合には車両保険による補償を受けることができるのでしょうか?

車の傷の原因にもよりますがエコノミー車両保険では補償されないこともありえます。このようなことは決して他人事ではありませんよね?車に見慣れない傷がついてしまってもせめて保険による補償を受けることができれば、行き場のない怒りもある程度は収まるともいえますよね。

このような場合に愛車の損害は車両保険によって補償されます。車両保険には、「一般車両保険」と「エコノミー車両保険」の二種類があります。「エコノミー車両保険」の場合は、保険料が割安に設定されています。そのかわりに補償の範囲が限定されています。

そのためエコノミー車両保険では補償されないケースがあるということになりますが、果たして愛車についた傷を保険で補償することができるのでしょうか?

エコノミー車両保険は、車対車の事故を中心にして一般車両保険の補償範囲を限定したものが特長となっています。具体的にいうと車対車の事故のほかに、火災や盗難、爆発、洪水、台風、物体の飛来、いたずら、ガラス破損、落書きなどが補償の対象となっています。

愛車に傷がついてしまった原因が「いたずら」や「落書き」に該当するような場合にはエコノミー車両保険でも補償されることになります。また、この場合には「等級すえおき事故」ということになります。そのため保険金の支払いを受けたとしても翌年度の割引率に影響することはありません。

自動車保険見積もり比較ガイド 新着情報

自動車保険の選び方はどのようにしていますか?あなたは自動車保険をご検討中ではありませんか?自動車保険を選ぶとき困ってしまうことはたくさんの保険会社の中からどれが良いのか?と判断する点です。自分にとって一番良いのか、分らなくなってしまう方も多いのではないかと思います。そして、できるだけ保険料を安く抑えたいというのは、誰もが同じ考えだと思います。しかし、いざというときに、すばやいきちんとした対応をしてもらえる自動車保険を、選びたいものです。

インターネット上には、各社保険会社の自動車保険の見積もりを一括で請求できるサービスを提供しているサイトがあります。電話などで保険会社に、それぞれ見積もり依頼をするのは手間がとてもかかりますよね。インターネットであれば、一括で見積もり依頼ができて、かつ、その見積もり内容を、比較することができるためとても便利です。インターネット上に個人情報を入力して、見積もりを出してもらうことは情報が流出してしまうのでは?と心配になる方もいるかもしれません。

しかし、きちんとしたサイトであれば、個人情報の保護に対処しているため心配はないと思います。個人情報は、例えば、ホームページのアドレスが、「https」から始まるものであれば、SSLという暗号化を行なった上でデータ送信するといった保護がなされています。逆に、きちんと暗号化されているホームページを選ぶようにして利用することもポイントになると言えるでしょう。

自動車保険関連ニュース