自賠責保険料

2008年4月以降の自賠責保険料はどうなるのでしょうか?今年の1月に自賠責保険審議会が開催されました。そのときに2008年4月以降の新保険料が確定されたそうです。

数年くらい前から保険料等充当交付金が交付されていましたが、毎年減ってきたことから自賠責保険料についても実質、値上がりをみせてきたようです。

保険料当充当交付金とは契約者に対する補助金のようなものです。2008年4月からはこの保険料等充当交付金がなくなることになっています。

2008年4月1日以降に保険始期となる自賠責保険について、自賠責保険審議会で改定された保険料が適用されることとなります。

保険料等充当交付金がなくなってしまったことで、また値上がりしてしまうのかと思いましたが、4月からは自賠責保険は値下げとなります。

このことは直近の自賠責保険の収支状況や運用益について考慮した結果、決定されたようです。交通事故の死亡者数が減ったことなども関係しているようです。

このことに伴って全体の平均としては自賠責保険は22%程度の引下げとなりました。

◆自賠責保険の契約内容の変更や解約について

2008年3月31日始期までの自賠責の契約については旧保険料の料金が適用となります。3月や4月に車検が満了となる場合には、準備している方もいると思いますが基本的には自賠責の保険始期をベースに考えて新保険料が適用となります。

車検の満了日と自賠責保険の満期日については一致することはほとんどないようなので、それぞれの日付について確認するようにしておきましょう。

自動車保険見積もり比較ガイド 新着情報

自動車保険の選び方はどのようにしていますか?あなたは自動車保険をご検討中ではありませんか?自動車保険を選ぶとき困ってしまうことはたくさんの保険会社の中からどれが良いのか?と判断する点です。自分にとって一番良いのか、分らなくなってしまう方も多いのではないかと思います。そして、できるだけ保険料を安く抑えたいというのは、誰もが同じ考えだと思います。しかし、いざというときに、すばやいきちんとした対応をしてもらえる自動車保険を、選びたいものです。

インターネット上には、各社保険会社の自動車保険の見積もりを一括で請求できるサービスを提供しているサイトがあります。電話などで保険会社に、それぞれ見積もり依頼をするのは手間がとてもかかりますよね。インターネットであれば、一括で見積もり依頼ができて、かつ、その見積もり内容を、比較することができるためとても便利です。インターネット上に個人情報を入力して、見積もりを出してもらうことは情報が流出してしまうのでは?と心配になる方もいるかもしれません。

しかし、きちんとしたサイトであれば、個人情報の保護に対処しているため心配はないと思います。個人情報は、例えば、ホームページのアドレスが、「https」から始まるものであれば、SSLという暗号化を行なった上でデータ送信するといった保護がなされています。逆に、きちんと暗号化されているホームページを選ぶようにして利用することもポイントになると言えるでしょう。

自動車保険関連ニュース