2008年4月以降の自賠責保険料はどうなるのでしょうか?今年の1月に自賠責保険審議会が開催されました。そのときに2008年4月以降の新保険料が確定されたそうです。

数年くらい前から保険料等充当交付金が交付されていましたが、毎年減ってきたことから自賠責保険料についても実質、値上がりをみせてきたようです。

保険料当充当交付金とは契約者に対する補助金のようなものです。2008年4月からはこの保険料等充当交付金がなくなることになっています。

2008年4月1日以降に保険始期となる自賠責保険について、自賠責保険審議会で改定された保険料が適用されることとなります。

保険料等充当交付金がなくなってしまったことで、また値上がりしてしまうのかと思いましたが、4月からは自賠責保険は値下げとなります。

このことは直近の自賠責保険の収支状況や運用益について考慮した結果、決定されたようです。交通事故の死亡者数が減ったことなども関係しているようです。

このことに伴って全体の平均としては自賠責保険は22%程度の引下げとなりました。

◆自賠責保険の契約内容の変更や解約について

2008年3月31日始期までの自賠責の契約については旧保険料の料金が適用となります。3月や4月に車検が満了となる場合には、準備している方もいると思いますが基本的には自賠責の保険始期をベースに考えて新保険料が適用となります。

車検の満了日と自賠責保険の満期日については一致することはほとんどないようなので、それぞれの日付について確認するようにしておきましょう。

自動車保険も色々なものがあり、どの会社の保険を使ったらよいのか迷ってしまうことがあると思います。

自動車保険は保険会社のウェブサイトなどで保険料を試算することができます。

複数の保険会社の価格を比べる場合にはいちいち入力することは大変ですよね。

複数の保険会社の自動車保険料を一度に見比べるには、自動車保険の比較サイトを活用すると良いと思います。

◆自動車保険の比較サイト

自動車保険の比較サイトはインズウェブのマスコットで名前は「ためぞう」といいます。インターネットのウェブサイトには自動車保険の一括見積もりサービスをおこなっている「比較サイト」はいくつかあるようです。

見積もりができる保険会社数やユーザー数ともに業界で上位にくるのは、「保険の窓口インズウェブ」です。保険の窓口インズウェブとは、SBIホールディングスが運営をおこなう比較サイト業界では老舗のウェブサイトです。

保険の窓口インズウェブはアメリカのインズウェブとのジョイントベンチャーとして始まりました。そして順調に成長をとげて見積もりが可能な保険会社は20社ほどになりました。

・見積もり可能な保険会社

全国労働者共済生活協同組合連合会、日新火災保険株式会社、三井ダイレクト損害保険株式会社、そんぽ24損害保険株式会社、アクサ損害保険株式会社、アメリカンホーム保険会社、エース損害保険株式会社、セコム損害保険株式会社、ゼネラリ保険会社、ソニー損害保険株式会社、チューリッヒ保険会社

※下記の保険会社は代理店を経由して見積もりが提供されます。

共栄火災海上保険株式会社、東京海上日動火災保険株式会社、日本興亜損害保険株式会社、富士火災海上保険株式会社、あいおい損害保険株式会社、ニッセイ同和損害保険株式会社

自動車保険比較サイトの「NTTイフ」についてご紹介したいと思います。「NTTイフ」はその名からみてわかる通りNTTグループが運営する自動車保険比較サイトのことです。

「NTTイフ」が対応している保険会社は対応している保険会社は東京海上、ソニー損保、三井住友海上、あいおい損保、アメリカンホームダイレクト、損保ジャパン、三井ダイレクトの7社になります。

NTTイフの大きな特徴は、NTTイフが「保険代理店」であるという点です。自動車保険比較サイトであるNTTイフが保険代理店であるということは利便性が高いということになります。

「NTTイフ」のサイト上では10秒見積りを前面に押し出しています。通常の比較サイトでは各保険会社から資料や見積りなどがメールや郵送できます。「NTTイフ」の場合には待っているというストレスがないので便利といえるでしょう。

またこれも保険代理店だからこその利点だと思いますが、満期日が直前であっても契約ができるところも大きなメリットの一つではないでしょうか。

「NTTイフ」では自動車保険の内容や各保険会社の財務内容、自動車保険の選び方、サービスの拠点数、無料サービス比較などの一覧を見ることができとても見やすい内容となっています。

このように自動車保険の保険料以外の項目を一覧にまとめてあるということは使う側からみても比較しやすいのでポイントが高いと思います。自動車保険は必ずしも「安さ」にだけ注目するわけではないので自動車保険を比較するときには参考になります。

またカーライフサポートは事故のときの事例などについても掲載されていますので、興味のあるかたや時間のある人は覗いてみるといいかもしれませんね。

Overturemonitor自動車保険という名前を聞いたことがありますか?Overturemonitor自動車保険とは、別名でいうと「自動車損害賠償保険事業」また「政府保障事業」と呼称されている保険のことです。

本来、自動車を運転するひとは、仮に事故があったとして被害者に対して補償がきちんと出来るように自動車損害賠償責任保険に加入することを義務付けられています。自動車損害賠償責任保険は強制保険となっています。

この自動車損害賠償責任保険を利用することによって、被害者のかたが怪我をした場合でも、保険金が下りないというような最悪の事態をまぬがれることが出来ます。

けれども、盗難車両による事故やひき逃げのように加害者が特定することが出来ない事故や自賠責を使うことができない事故が起こる場合もあります。また自動車損害賠償責任保険にさえも加害者が加入していないようなケースもあります。

この場合には、被害者は最低限の補償さえも受けることができない事態がでてきます。このようなことを防ぐために政府が損害の填補をするという保険が「overturemonitor自動車保険」となります。

加害者が自動車損害賠償責任保険に加入しておらず、加害者を特定することができれば、政府側がその肩代わりした金額を加害者側に請求することになっています。請求できる手続きは責任共済の窓口を通して行うことが出来ますが、請求については二年を過ぎてしまうと時効となってしまうので、注意したほうがよいでしょう。

スーパーなどへ買い物に行ったときなど買い物を終えて駐車場に戻ってみると自分の愛車に見慣れないキズが付いているということもありますよね。これは、大変ショックな出来事です。こんな場合には車両保険による補償を受けることができるのでしょうか?

車の傷の原因にもよりますがエコノミー車両保険では補償されないこともありえます。このようなことは決して他人事ではありませんよね?車に見慣れない傷がついてしまってもせめて保険による補償を受けることができれば、行き場のない怒りもある程度は収まるともいえますよね。

このような場合に愛車の損害は車両保険によって補償されます。車両保険には、「一般車両保険」と「エコノミー車両保険」の二種類があります。「エコノミー車両保険」の場合は、保険料が割安に設定されています。そのかわりに補償の範囲が限定されています。

そのためエコノミー車両保険では補償されないケースがあるということになりますが、果たして愛車についた傷を保険で補償することができるのでしょうか?

エコノミー車両保険は、車対車の事故を中心にして一般車両保険の補償範囲を限定したものが特長となっています。具体的にいうと車対車の事故のほかに、火災や盗難、爆発、洪水、台風、物体の飛来、いたずら、ガラス破損、落書きなどが補償の対象となっています。

愛車に傷がついてしまった原因が「いたずら」や「落書き」に該当するような場合にはエコノミー車両保険でも補償されることになります。また、この場合には「等級すえおき事故」ということになります。そのため保険金の支払いを受けたとしても翌年度の割引率に影響することはありません。

自動車保険に加入している方々はノンフリート契約の自動車保険に加入していることが多いと思います。ノンフリート契約を前提にして自動車保険の等級についてご紹介したいと思います。
 
◆ノンフリート契約とは

ノンフリーと契約は、契約者が所有もしくは使用する自動車の総台数が9台以下の契約のことをいいます。自動車保険の保険料はそれぞれの自動車によって違ってきます。10台以上の所有となるとフリート契約となりますので、全車が1枚の保険証券で管理されることになります。

自動車保険において等級はとても重要なものです。自分が現在は何等級で、等級が変わるとどうなるのかを再確認してみると良いかもしれませんよ。等級が上がるときは毎年1等級ずつで、下がるときは一事故をおこした場合に3等級ずつとなります。

・契約の継続、更新の場合

1等級:50%割増、2等級:40%割増、3等級:30%割増、4等級:20%割増、5等級:10%割増、6等級(F):なし、7等級(F):20%割引、8等級:30%割引、9等級:35%割引、10等級:40%割引

11等級:45%割引、12等級:50%割引、13等級:50%割引、14等級:55%割引、15等級:55%割引、16等級:60%割引、17等級:60%割引、18等級:60%割引、19等級:60%割引、20等級:60%割引

※保険会社によって若干内容が異なる場合がありますので注意してください。

16等級から上は割引率が変わっていないことがわかります。なぜ等級を以前の16等級から増やす必要があるのか不思議に思う方もいるかもしれませんが、長年無事故だった人をこれまでよりも優遇するためにとられている措置なのです。

これまではどんなに無事故を続けても16等級までしかありませんでした。しかし、その時点で等級が下がるような事故を起こしてしまうと13等級まで下がってしまうことになります。

けれども20等級の場合には、事故を起こしたとしても17等級にさがるだけなので割引率は変わりません。

コマーシャルでもお馴染みのチューリッヒの自動車保険についてご紹介したいと思います。

◆チューリッヒの自動車保険(http://www.zurich.co.jp/direct/auto/index.html)

チューリッヒの自動車保険の特徴はまずリーズナブルな保険料があげられます。ダイレクトマーケティングや合理的な保険料の算出方法をとっておりさまざまな割引サービスなどをもちいて保険料をリーズナブルにできるようにしています。

ダイレクトマーケティングとは中間コストを軽減した販売のことです。保険料の算出は運転する地域や運転する人の年齢、年間予定走行距離、車の使用目的などを念頭にして算出しています。割引サービスは安全運転者割引や新車割引、ゴールド免許割引、エコカー割引、安全運転講習会受講割引、インターネット割引、早期契約割引、e証券割引などがあります。

またチューリッヒのカスタマーケアセンターでは24時間365日、サポートをおこなっており、万が一事故がおこった場合も事故対応のサポートをしています。ロードサービスは業界でレベルの高いサービスをおこなっています。

チューリッヒの自動車保険の見積もりや申し込みは手続きが簡単におこなえ、インターネットを利用して申し込みが完了した場合には通常の保険料よりも割引があり、最大で7.000円となっています。見積もりは他社で加入中の場合でもはじめて自動車保険に加入する場合でも受付ています。

ソニー損保の自動車保険についてご紹介したいと思います。

◆ソニー損保の自動車保険(http://www.sonysonpo.co.jp/prod/auto/N2010000.html)

ソニー損保の自動車保険は、保険料が走る分だけおとくになっており、車の条件で合理的であったりドライバーの条件で合理的な金額に設定することができます。

またソニー損保はダイレクトの自動車保険のため中間コストがかかりません。そのため保険料を安く設定することができます。走らなかった分の保険料を翌年に持ち越せるサービスもあります。

他にもさまざまな割引サービスをおこなっており、インターネットのお見積もりや申し込みをおこなうと3.000円の割引があります。ゴールド免許をもっている場合は保険料が約3%安くなります。

新車の場合は車両保険の保険路湯が最大で5%割引になり、保険を継続しても継続回数におうじて保険料の割引サービスをうけることができます。車の装備でエアバッグやABSがついていると保険料がわりびきとなり1台目の車が他社で契約をしていたとしてもセカンドカー割引をうけることができます。

ロードサービスwも充実しており、事故や故障があった場合に無料でロードサービスを利用することができます。契約者のかたはトラブルがあったときにはすぐにソニー損保に連絡をするようにしましょう。

自動車保険のクチコミランキングで上位にはいってくる会社についてご紹介したいと思います。自動車保険にはいっているかたも多いとはおもいますが、あまり利用していないのに高いなと感じているかたも多いようです。

自動車保険は万が一のときに備えて必要になってくるものですが、家計をかんがえると保険料はできるだけ抑えたいとおもうものでしょう。少しでも安くてすむ自動車保険に変更しようかとおもっているのであれば、直販型の自動車保険を検討してみるとよいのではないでしょうか。

いままでの自動車保険は、販売代理店を経由して契約をおこなうことが主なかたちでした。けれども、最近では代理店を経由して契約をするよりも割安な直販型の自動車保険に加入するほうが人気のようです。その中には、同じような補償内容であっても価格が3割から4割さがる場合もあるようです。色々と調べてみて検討してみるとよいでしょう。

クチコミ情報からでランキング上位にあがってきている自動車保険は、第一位がソニー損保です。コマーシャルでもよくみかけますよね。通販自動車保険では、5年連続で一番という実績をもっています。走行距離におうじた保険料の体系をもつなどさまざまな特徴をもっている自動車保険です。

そして、第二位は三井ダイレクト損保です。三井物産が親会社である三井系の損害保険会社の自動車保険です。直販保健のなかでも保険料の安さが特徴で、サポートサービスにも定評があるようです。

カービュー(http://www.carview.co.jp/service/ins/)の自動車保険一括見積もりについてご紹介したいと思います。カービューでは、さまざまな自動車保険の一括見積もりができます。自分にぴったりくる自動車保険を見つけることができのではないでしょうか。

はじめて自動車保険のお見積もりをおこなうかたは、車検証や保険証券、免許証などを用意しておくとよいでしょう。カービューでおこなう自動車保険のお見積もりは信頼できる大手の保健会社で最大9社となります。

三井住友会場やあいおい損保、日本興亜損保、ゼネラリ保健、ソニー損保、チューリッヒ保健、アクサ損害保険、三井ダイレクト、アメリカンホームダイレクトなどです。

自動車保険の一括見積もりは、まずユーザーが自分の車の情報や連絡先などをカービューのウェブサイトから入力して送信をおこないます。カービューから対応可能な保健傾斜へと必要な情報を一括で送信します。

カービューから情報をおくられた保険会社が、問い合わせをおこなったユーザーへたいしてメールやFAX、郵送などでお見積もりを送ります。このような流れとなります。

ちなみに自動車保険料が高い傾向にみられるものは、加入者の年齢が10代または20代、性別でみると男性、運転目的からみると業務や営業、通勤で自動車を使用している、使用状況からみると毎日運転しており走行距離が長いこと、車種などからみるとスポーツカータイプ、安全装備がない、運歴々や初心者や事故を経験している、所有台数が一台であるというようなことがあげられます。

東京海上日動の自動車保険についてご紹介したいと思います。

◆東京海上日動の自動車保険(http://www.tokiomarine-nichido.co.jp/)

自動車を運転している限り、万が一の事態に陥らないとは限りません。そのため自動車保険というものが存在するのですが東京海上日動の自動車保険にはどのような特長があるのかご紹介したいと思います。

東京海上日動の自動車保険は対人賠償責任保険もあり、契約金額は無制限のものをすすめています。他人に怪我などをさせてしまったときなど法律上の損害賠償責任がおこる場合もありますよね。そういった損害賠償背金を補償してくれるという内容のものです。

ただ、保険金が支払いできない場合というものがあります。たとえば契約者、補償をうけられるかたが故意によっておこってしまった損害などです。また他にも次の内容に該当するかたが怪我や死亡したことによって補償を受けられるかたが被った損害などもあります。

それは、保険証券記載の補償を受けられているかたや、契約の車を運転中のかたやその父母、配偶者、子、補償を受けられるかたの父母、配偶者、子、補償をうけられるかたの業務に従事しているかた、補償を受けられるかたの使用者の業務に従事しているほかの使用人などです。

あとは、自然災害ですね。台風や洪水、地震、噴火、高潮、津波によって生じてしまった損害などが相当します。きちんと契約条件を把握しておくことが大切ですよ。

自動車保険の選び方はどのようにしていますか?あなたは自動車保険をご検討中ではありませんか?自動車保険を選ぶとき困ってしまうことはたくさんの保険会社の中からどれが良いのか?と判断する点です。自分にとって一番良いのか、分らなくなってしまう方も多いのではないかと思います。そして、できるだけ保険料を安く抑えたいというのは、誰もが同じ考えだと思います。しかし、いざというときに、すばやいきちんとした対応をしてもらえる自動車保険を、選びたいものです。

インターネット上には、各社保険会社の自動車保険の見積もりを一括で請求できるサービスを提供しているサイトがあります。電話などで保険会社に、それぞれ見積もり依頼をするのは手間がとてもかかりますよね。インターネットであれば、一括で見積もり依頼ができて、かつ、その見積もり内容を、比較することができるためとても便利です。インターネット上に個人情報を入力して、見積もりを出してもらうことは情報が流出してしまうのでは?と心配になる方もいるかもしれません。

しかし、きちんとしたサイトであれば、個人情報の保護に対処しているため心配はないと思います。個人情報は、例えば、ホームページのアドレスが、「https」から始まるものであれば、SSLという暗号化を行なった上でデータ送信するといった保護がなされています。逆に、きちんと暗号化されているホームページを選ぶようにして利用することもポイントになると言えるでしょう。

自動車保険関連ニュース