自動車保険を選ぶとき、いったいどこの保険会社が一番良いのか、迷ってしまってはいませんか?テレビのCMや新聞、雑誌の広告などをたくさん出しているような会社が、安心だと思ってしまう傾向はあると思います。各社、様々なサービスを展開していますが、その中でも、ソニー損保についてご紹介します。

ソニー損保は、家電メーカーとして有名なソニー・グループの損害保険会社です。ソニー損保の自動車保険は、ダイレクト型自動車保険です。ダイレクト型自動車保険とは、保険会社と契約者が、代理店を通さず、直接契約をするというもので、中間コストが削減されることで、その分、保険料が安くなります。ソニー損保は、毎年、「週間ダイヤモンド」誌で行われる、「信頼できる保険会社ランキング」において、ほぼ毎年、上位に入っています。

ソニー損保の自動車保険は、見積もりと申し込みをインターネットで行うと、最大3,000円の割引が受けられます。その他にも、ソニー損保の自動車保険には、様々な割引制度があります。車の使用目的が、主に家庭用であれば、保険料は確実に安くなります。

ソニー損保では、年間の走行距離に応じて、保険料金が変わります。走行距離が少ない場合は安くなります。また、もし、年間走行距離区分を越えて走行してしまっても、契約距離区分を訂正して差額を支払うことで、保障はちゃんと受けられます。

また、ソニー損保では、「くりこし割引」というサービスを行っています。これは、使用目的が、主に家庭用の場合、年間走行距離の走らなかった分の保険料を、翌年の継続保険料から割引されるというものです。逆に、年間走行距離を越えてしまっても、「こえても安心サービス」が適用になると、追加保険料を支払わなくても大丈夫です。その他にも、ゴールド免許割引、新車割引、エアバック割引、ABS割引などの割引サービスがあります。

ソニー損保の自動車保険は、契約者のライフプランに合わせた、4つの「おすすめプラン」があります。基本プラン、夫婦のためのプラン、家族のためのプラン、新社会人・単身者のためのプランがあり、とても選びやすくなっています。

ソニー損保の事故対応は、24時間、365日、受付していて、スピーディーに対処します。1事故、1担当者制で、担当者は、すぐに決定されます。平日の9:00~17:00の間に、事故受付が完了すれば、3時間以内に、担当者から連絡が来ます。休日でも、受付だけでなく、初期対応まで行なってくれます。そして、対応結果は、その日のうちに報告されます。ソニー損保の自動車保険は、無料のロードサービスも充実しており、自動車が故障した場合、キー閉じ込みや、ガス欠などで困ってしまった際にも、スタッフがすぐに駆けつけてくれます。


ソニー損保の自動車保険には、3つの特徴があります。まず、保険料が、走行距離によって割引になることが挙げられます。車を日常的に使用している人と、休みの日にしか使わない方の保険料が全く同じであれば、それは当然不平等です。

しかし、走行距離によって保険料の割引があることで、少ししか自動車を使わない方にとっては、大きなメリットになることは間違いないでしょう。もちろん、現在、他の保険会社にご加入中の方でも、現在の等級を引きついで、ソニー損保に加入できます。ですから、等級の高い方にとっては、保険料を大幅に見直すことができて大変お得です。

また、ロードサービスが充実していることも、大きな特徴のひとつです。ロードサービスといえば、JAFを思い出す方は多いと思いますが、ソニー損保の自動車保険でも、独自にロードサービスを提供しています。

事故とまではいかなくとも、自動車を所有していると、様々なトラブルに見舞われるものです。自動車が自力走行できなくなった場合のレッカー移動や、バッテリーが上がってしまった、キーの閉じ込み時の開錠など、様々なトラブルに対処してくれます。ソニー損保の自動車保険なら、こういったロードサービスを、全て無料で利用できます。

さらに、事故対応のスピードが早いことも、特徴としてあげられます。ソニー損保の自動車保険に加入している方で、事故対応を受けた方のうち、約9割が、事故対応に満足をしています。

損保ジャパンの自動車保険を、検討されているという方はいらっしゃらないでしょうか。日本の企業だけでなく、外資系の企業も、多く参入している近年の自動車保険業界ですが、一体、どこの保険会社が一番良いのか、初めて加入をされる方であれば、特に、とても迷ってしまうところだと思います。損保ジャパンを選びたいという方のために、損保ジャパンの自動車保険についてご紹介します。

損保ジャパンの自動車保険の特徴は、まず、加入者にとって、優しい保険というのをモットーにしていることです。利用者ひとりひとりに、それぞれのライフスタイルがあり、お持ちの車種や走行距離、または、年齢など、様々な要素があります。そういった細かいニーズに対応して、ニーズ細分型の保険を展開しているのが、大きな特徴です。

また、車の用途も、「通勤」や「レジャー」によって、使用頻度が異なります。それに、車を運転される方の年齢なども加味されて、保険料の算定が行なわれます。ゴールド免許であれば、さらにお得で、納得の保険設計ができます。損保ジャパンの自動車保険は、ユーザーの安心も大きくバックアップしています。

事故の対応についても、全国約230拠点、約8,500人の専門スタッフが待機しており、いつでもどこでも加入者のサポートをしっかり行なっています。24時間365日の対応なので、迅速で的確な事故対応が可能です。さらに、ロードサービスも兼ねそろえています。専用デスクに電話一本で、JAFに取次ぎを行い、レッカーや緊急修理手配をしてくれます。

損保ジャパンの自動車保険の加入者のうち、約9割の人が、サポート体制に満足していると答えています。安心の保険会社をお探しなら、損保ジャパンをご検討されてみてはいかがでしょうか。

自動車保険は、どこも同じと思っていませんか?各保険会社のサービスをよく見てみると、同じようなサービスに見えるかもしれませんが、各社で様々なサービスを展開しています。その中でも、チューリッヒの自動車保険について、ご紹介したいと思います。

チューリッヒの自動車保険は、外国の企業ということもあり、革新的なサービスで顧客の満足度を獲得しています。まずは、チューリッヒの自動車保険が選ばれる大きな理由としては、保険料のリーズナブルさがあげられます。中間の代理店などを排除し、加入希望者とのダイレクトな契約で、無駄なコストを削減することで、実現できています。

チューリッヒは、日本で初めて、インターネットによる自動車保険の見積もり・契約サービスを実現し、自動車保険会社をリードしてきました。チューリッヒは、自動車保険のランキングでは、1位に選ばれるなど、評判の高い保険会社です。

チューリッヒの自動車保険には、様々な割引制度があります。例えば、安全運転者割引、新車割引、ゴールド免許割引、エコカー割引、安全運転講習会受講割引などです。安全運転講習会受講割引とは、指定自動車教習所で行われる運転免許取得者教育として認定された、安全運転教育などの講習を受講することで、5%の割引がされるというものです。割引の対象となるのは、ペーパードライバー課程、シニアドライバー課程、地域・特別課程、ステップアップ課程です。

また、チューリッヒの自動車保険には、インターネット割引、e証券割引、早期契約割引など、多種多様な割引制度が用意されています。車の使用目的が、日常・レジャーなどに限られている方であれば、保険料は確実に安くなるでしょう。また、年間走行距離には、4つの区分を設けられているので、走行距離の少ない区分が適用されれば、さらに保険料は安くなります。

運転者の年齢にも、4つの区分が設けられており、年齢による、事故のリスクに応じた保険料になります。また、運転する地域の交通量や、運転環境によっても、事故発生頻度が違うことから、全国を7つのエリアに分けて、事故率の低いエリアの保険料が安くなるというサービスもあります。

高品質なサービスに、低価格な保険料を追求しているのがチューリッヒの姿勢です。その結果、合理的な保険料を算出し、ユーザーに満足感を与えています。さらに、保険料は、走行距離のみでなく、運転する地域、運転する方の年齢、車の使用目的によって、保険料が算出されます。ですので、本当に必要な方に、必要な補償を提供できるように、細かく決められている点も魅力の一つです。

都市部にお住まいの方と、郊外にお住まいの方では、事故に遭遇されるリスクも異なってきます。そして、車に乗る用途や、走行距離などによって、よく使う人とそうでない人にも、差が生じてくるのは当然です。細かい保険料の算出は、それだけでも大きなサービスと言えるでしょう。

もちろん、ロードサービスも充実しています。24時間365日、加入者の事故に対して、すばやく対応できる体制が整っているのも安心なところです。大きな事故から、ちょっとしたトラブルまで、幅広く丁寧に対応してもらえます。

アクサダイレクトという自動車保険会社を、ご存知でしょうか。パリに本部を置くアクサダイレクトは、世界中で利用されている、世界最大の保険会社です。最近では、外資系の保険会社が、日本に参入してくることが、珍しくはなくなりました。自動車保険を考えている方にとって、日本の企業であれ、外資系の企業であれ、柔軟な事故対応と補償、そして、リーズナブルな保険料を提供してくれるのであれば、どこでも構わないという人も多いことと思います。

アクサは、保険料がとてもリーズナブルであることが、一番の特徴としてあげられます。アクサが保険料を安くおさえられている理由として、加入希望者とのダイレクト契約があります。ダイレクト契約とは、アクサと加入希望者とが、インターネットやコールセンターと直接つながり、保険を販売しているというものです。

従来の自動車保険では、自動車ディーラーなどの代理店を通じて加入したり、保険会社自身が、各地に支社や支店などを置いて、加入希望者との間に無駄な中間コストがかかってしまっていました。しかし、アクサでは、加入希望者が直接契約できる仕組みを導入することで、保険に関する相談や補償内容の説明などを、加入希望者に、直接アドバイスできるメリットがあります。そして、コスト削減により、結果的に保険料が安くなるということになっています。

加入希望者にとっても、ダイレクト契約の方が、すばやい手続きが可能になりますので、いいことずくめというわけです。また、利用者のライフスタイルに応じて、保険料算出ができることも大きな特徴です。8つの要素から保険料の算出を行い、免許の色(ゴールドなら更にお得)や、お住まいの地域、年齢などから細かく決められています。

ダイレクト型自動車保険とは、代理店を通さず、保険会社と契約者が、直接、契約をかわすことで、中間コストを削減し、その分保険料が安くなっているというものです。また、アクサダイレクトは、インターネットで契約すると、最大4,500円の割引を受けられます。新規の契約だけではなく、継続申込みも、オンラインですることにより、1,000円の割引になります。

アクサダイレクトの自動車保険の保障プランは、3つの契約タイプに分かれています。フルカバータイプは、対人賠償保険、対物賠償保険、自損事故保険、無保険車傷害保険、搭乗者傷害保険の、5つの基本保険に、一般車両保険が付くタイプです。スタンダードタイプは、5つの基本保険に、補償範囲が限定された車両保険が付くタイプです。エコノミータイプは、車両保険が付かない、文字通り、エコノミーなタイプの保険です。

万一の事故の時、アクサダイレクトの事故対応は、24時間365日対応してくれます。夜間や休日の場合は、事故受付とアシスタントサービスの手配を行われますが、専任スタッフからの連絡は、翌営業日になります。人身と物損のプロの専任担当者が、連携して示談交渉にあたりますので、安心です。
故障などで、車が走行できなくなった時は、車両保険の有無に関わらず、アシスタンスサービスを無料で利用可能です。また、ロードサイドサービス、レッカーサービス、宿泊・帰宅費用サービス、修理後車両搬送・引取りサービス、メッセージサービスが受けられます。自動車保険の加入より、2年目以降は、アシスタンスサービスの内容がグレードアップすることになっています。

三井ダイレクトとは、三井物産が親会社の、三井系自動車保険会社です。三井ダイレクトは、ダイレクト型自動車保険であり、保険料の安さとサポートに定評があります。三井ダイレクトの自動車保険は、20代の若い方にも、保険料が安いことで人気があります。また、週末だけ運転するという方にもお得です。インターネットで契約すると、最大4,500円の割引になるケースもあります。

三井ダイレクトの自動車保険は、契約者のニーズに合わせて、保障内容を設計することができます。対人賠償保険、対物賠償保険、人身傷害保険、搭乗者傷害保険、無保険者傷害特約、自損事故傷害特約、車両保険などを組み合わせます。また、ファミリー傷害特約をつけると、自動車での事故以外で生じたケガの保障もしてもらうことができます。

万一の事故の時にも、24時間、365日、事故受付をしています。事故対応は、平日19:00までと、遅くまで対応してくれます。また、休日でも、契約者の要望によって、スタッフが急行してくれます。相手方への連絡や、病院への治療費の手続き、自動車修理工場への損害状況の確認など、初期対応をしっかり行ってくれるので安心です。

三井ダイレクトのロードサービスは、三井ダイレクトの自動車保険に加入している、全ての契約者に提供されるサービスです。全国どこでも、約3,000拠点から、24時間365日駆けつけてくれます。自動車保険の契約が2年目以降になると、ロードサービスのメニューが、さらに充実します。ただし、JAFの会員の場合、三井ダイレクトが、JAFへの取り次ぎを行い、契約者は、JAFのサービスを利用することになりますので、注意しましょう。

自動車保険を選ぶときに、どんなことを基準にして選びますか?テレビのCMのイメージや、保険料の安さなど、人によって、それぞれ選ぶ基準は様々だと思います。外資系の会社の自動車保険も、最近は目立ってきています。多種多様なサービスと保険会社がある中で、一体、どこの会社のどの保険を選べばいいのか、分らなくなってしまう方も多いと思います。

三井住友海上の自動車保険なら、日本の企業であるといった理由で、選ぶ人も少なくないのではないかと思います。自動車保険の選び方として、少しでも保険料を安く抑えたいという要望は多いでしょう。しかし、保険料が安くても、実際の事故対応などのサポートについては、きちんと充実している保険会社を選びたいものです。

三井住友海上の自動車保険は、事故の対応を、丁寧に、かつ迅速にサポートしてくれます。自動車事故が起こった場合、軽微な事故なら別ですが、怪我人が出るなどの大きな事故になった場合、まず、どのように対応していいのかが分らないと思います。そんな時、三井住友海上なら、電話1本で、すばやく対応のアドバイスをしてくれます。三井住友海上の事故受付サービスは、24時間365日対応していますので、夜間や休日の事故でも安心です。

そして、一番重要なことは、事故後の示談交渉です。事故現場では、気が動転してしまいますので、そのときに口約束してしまった内容などが、あとから尾を引いてしまうということがあります。

ですから、示談の際の対応なども、安心して任せられる保険会社を選びたいものです。そのため、三井住友海上では、示談交渉サービスがあります。対人・対物賠償の事故の場合、相手の同意があれば、示談交渉をお客様の代わりに行ってくれるため安心です。

自動車保険に、新規加入を考え中という方は、おられませんか?または、現在、自動車保険に入ってはいるけれど、別の保険会社に変えたいと考えていらっしゃる方も多いのではないかと思います。

自動車保険は、多くの保険会社があり、それぞれの保険会社がしのぎを削ってサービスを展開しています。その中でも、東京海上の自動車保険について、ご紹介したいと思います。

東京海上といえば、日本屈指の損保保険会社であり、企業の安心感からいえば、ダントツだと思います。東京海上の自動車保険の特徴としては、そのきめの細かいサービス内容にあります。

ロードサービスが充実していることはもちろん、事故現場のアシストサービスというサービスもあります。
事故を起こしたときというのは、気が動転してしまって、一体どうしていいのかが分らなくなってしまうものです。東京海上では、事故現場アシストサービスに電話をすれば、すぐに専門のスタッフと話をすることができ、丁寧なアドバイスを受けられます。

事故の内容によっては、例えば、車が自力走行できない場合は、レッカー移動を手配する必要があるでしょう。また、けが人が出たときには、医療機関へ連絡をしなければなりません。事故を起こした直後というのは、様々なところに連絡をしなければなりません。

事故現場アシストサービスなら、スピーディーに対処してもらえますし、24時間以内に、加入者への状況報告をしてもらえます。

さらに、事故後の補償として、事故が起こった後に、補償内容を選ぶことができるという特約がついています。それぞれ、皆様の生活スタイルが異なりますので、事故を起こして怪我などされた場合、家庭の主婦であれば、家事ができなくなることになります。また、通院の病院まで、遠いところにお住まいの方の場合は、タクシー代などがかかるでしょう。

そういった、ライフシーンに合わせてた補償内容を選ぶことができる特約がありますので、安心して補償を受けることができます。

自動車保険を販売している保険会社は、非常にたくさんの、様々な会社が存在しています。どの会社を選べばいいのか、分らない方も多いのではないかと思います。その中でも、今回は、JAの自動車保険をご紹介したいと思います。

JAとは、JA共済のことを指します。JA共済は、日本の農業協同組合が母体となった組合員のための保険機関です。もちろん、農協の組合員でなくても利用することができます。

JA共済の大きな特徴としては、まず、掛け金が安いことがあげられます。JAの基本理念は、組合員や利用者の相互の助け合いであり、そういった考えから運営されている会社です。さらに、無事故であると割引され、無事故を継続すると、最大20等級まで割引が適用されます。そして、掛け金の最高62%までの割引が受けられます。

また、掛け金が安いだけでなく、ロードサービスも充実しています。自動車の故障、レッカーの現場急行サービスも、24時間対応の安心サービスです。さらに、現場急行サービスも、夜間や休日にも対応してくれるので、安心して補償を受けることができます。

JAの自動車保険は、サービス内容によって、特約も充実しています。そのときの事故の内容によって、車は、軽微な破損で済む場合もあれば、廃車同然になってしまう場合もあると思います。ます。また、対物事故で、相手側の自動車の修理費が、非常に高価になるということも起こりえます。

自動車の事故は、様々なリスクが生じるものであり、そういったリスクをカバーするために、JAでは、幅広い特約を設けています。

また、対人や対物賠償に関して、無制限に補償できる特約などもあります。リスクに応じて、特約をつけたりすることで、利用者にとって都合のいい保険内容にすることができます。

自動車保険関連ニュース