短期間の運転の自動車保険

運転免許は習得しているけれど、自動車を所有していないことなどから、自動車保険にはまだ加入していないという人は、結構いると思います。そういった方が、もし、短期の旅行などに出かける際、旅行中、友達などの車を運転することになった場合、自動車保険を利用することができるかというと・・?実は出来るのです。こういった短期の運転機会に対する自動車保険の利用方法は、いくつかあります。

まず、最も現実的な方法としては、車の所有者の自動車保険を使わせてもらうという方法です。ただし、この方法は、その自動車保険の特約で、『借主が運転する事を禁止する』、或いは『借主が運転してはいけない条件に該当する』といった事態が発生してしまうケースがあるのです。その場合は、一時的に条件を変えることが可能です。加入している会社に問い合わせて、手続きを行い、それに付随する追加料金を支払えば、一定期間のみ、借主が運転可能な条件に変えることができます。

車の所有者のリスクを考慮する場合は、ドライバー保険に加入するという方法もあります。ドライバー保険は、正式名称を、「自動車運転者損害賠償責任保険」と言います。自動車を所有していない人が、他人の車を運転する際に入ることの出来る保険です。これに入っておけば、所有者に迷惑をかけることなく、運転を代わってあげることができます。

また、自分の車の自動車保険には入っているものの、別の人の車を運転することになった場合は、他車運転危険担保特約が利用できます。この特約は、被保険者が自ら運転者として運転している車とは違う車を、契約している車とみなして、保険金が支払われるというものです。これがあれば、実質、自分の自動車と同じような扱いで、他者の車を運転することができます。

何かの理由で、こう言った方法が使えない場合は、自動車保険の短期契約を行うことになるでしょう。もっとも、短期とはいえ、日単位で契約できるわけではありません。この場合は、月払いにして、旅行などが終わる時期に合わせて解約という方法が一般的になります。

自動車保険見積もり比較ガイド 新着情報

自動車保険の選び方はどのようにしていますか?あなたは自動車保険をご検討中ではありませんか?自動車保険を選ぶとき困ってしまうことはたくさんの保険会社の中からどれが良いのか?と判断する点です。自分にとって一番良いのか、分らなくなってしまう方も多いのではないかと思います。そして、できるだけ保険料を安く抑えたいというのは、誰もが同じ考えだと思います。しかし、いざというときに、すばやいきちんとした対応をしてもらえる自動車保険を、選びたいものです。

インターネット上には、各社保険会社の自動車保険の見積もりを一括で請求できるサービスを提供しているサイトがあります。電話などで保険会社に、それぞれ見積もり依頼をするのは手間がとてもかかりますよね。インターネットであれば、一括で見積もり依頼ができて、かつ、その見積もり内容を、比較することができるためとても便利です。インターネット上に個人情報を入力して、見積もりを出してもらうことは情報が流出してしまうのでは?と心配になる方もいるかもしれません。

しかし、きちんとしたサイトであれば、個人情報の保護に対処しているため心配はないと思います。個人情報は、例えば、ホームページのアドレスが、「https」から始まるものであれば、SSLという暗号化を行なった上でデータ送信するといった保護がなされています。逆に、きちんと暗号化されているホームページを選ぶようにして利用することもポイントになると言えるでしょう。

自動車保険関連ニュース