自動車保険の免責事由

自動車保険に加入してさえいれば、自動車の運転に関して、全ての事故に保険金が下りるかというと、実は、必ずしもそうとは限りません。

任意保険の場合、ある条件下における事故に関しては、保険金が降りないことがあります。その条件とは、免責事由です。

自動車保険における免責事由の、最も分かりやすい例を挙げるなら、例えば、飲酒運転です。規定以上のアルコールを摂取した後に運転をして事故を起こした場合は、この事故によって引き起こされた全ての損害に対して、保険金は下りないことになっています。

他にも、無免許運転、使用人の故意による事故、使用人の重大な過失に起因する事故など、保険加入者に大きな責任がある事故である場合、免責事由となってしまい、保険金が下りないことになっています。

また、地震や津波などによって、車両が損害を被った場合、自動車から取り外されている付属品の損害、輸送中の損害、タイヤのパンク等も、免責事由に該当します。

ただし、これらの例は、あくまでも一般的なものです。詳細に関しては、各保険会社によって異なります。確実に知っておくために、加入した保険会社に、きちんと問い合わせておきましょう。

自動車保険は、非常に大きな額を扱っている保険です。一つの事故に対して、数百万、数千万という、莫大なお金が動くこともしばしばあります。その保険金が下りるか下りないかはその後の人生を大きく左右しかねません。

もちろん、事故を起こさないにこしたことはありません。しかし、どうしても避けられないミス、自己責任のない事故が、絶対にわが身に降りかかってこないという保証は、どこにもありません。

自分に起こり得る事故を想定して、それが自動車保険の免責事由に入っているかどうかのチェックは、決して怠らないようにしましょう。

自動車保険見積もり比較ガイド 新着情報

自動車保険の選び方はどのようにしていますか?あなたは自動車保険をご検討中ではありませんか?自動車保険を選ぶとき困ってしまうことはたくさんの保険会社の中からどれが良いのか?と判断する点です。自分にとって一番良いのか、分らなくなってしまう方も多いのではないかと思います。そして、できるだけ保険料を安く抑えたいというのは、誰もが同じ考えだと思います。しかし、いざというときに、すばやいきちんとした対応をしてもらえる自動車保険を、選びたいものです。

インターネット上には、各社保険会社の自動車保険の見積もりを一括で請求できるサービスを提供しているサイトがあります。電話などで保険会社に、それぞれ見積もり依頼をするのは手間がとてもかかりますよね。インターネットであれば、一括で見積もり依頼ができて、かつ、その見積もり内容を、比較することができるためとても便利です。インターネット上に個人情報を入力して、見積もりを出してもらうことは情報が流出してしまうのでは?と心配になる方もいるかもしれません。

しかし、きちんとしたサイトであれば、個人情報の保護に対処しているため心配はないと思います。個人情報は、例えば、ホームページのアドレスが、「https」から始まるものであれば、SSLという暗号化を行なった上でデータ送信するといった保護がなされています。逆に、きちんと暗号化されているホームページを選ぶようにして利用することもポイントになると言えるでしょう。

自動車保険関連ニュース