自動車保険の等級

自動車保険に加入したときに、等級という言葉を耳にした方は、少なくないと思います。では、等級とは、一体、何のことなのでしょうか。自動車保険は、事故を起こしたときに、その補償をするために加入するものです。しかし、事故ばかり起こして、保険金を受け取ってばかりいる人と、事故を起こさず、保険金を全く受け取っていない人とで、保険料が同じであれば、それは明らかに不公平です。

そこで、等級という段階を決めて、等級が高い人については、保険料を割引しようというのが、そもそもの考え方です。等級は、契約時を起点として、毎年、1年間無事故であれば、1等級上がっていくというしくみです。逆に、事故を起こしてしまえば、3等級下がります。初期保険加入時は、6等級からのスタートとなります。

割引率でいえば、1等級上がれば(つまり、7等級になれば)、20%の割引になります。最終的には、16等級になると、60%の割引まで受けることが可能です。事故を起こしたときは、3等級下がってしまうので、初期の6等級から3等級下がると、なんと30%の割増になってしまいます。等級は、20等級まで用意されています。16等級以上は、60%の割引のままです。なぜ、20等級でも60%割引なのかと言うと、事故を起こした際、3等級も下がってしまうので、長年無事故の方を優遇しようという処置です。

できる限り、等級を下げないようにすることが、保険料を安くするポイントです。ただし、事故を起こしても、事故とカウントされない場合もあります。人身傷害補償、搭乗者傷害保険、あるいは、ファミリーバイク特約などに係る事故については、ノーカウント事故と言って、等級が下がりません。また、台風、火事、爆発などの事故も、等級据え置き事故といい、等級が下がらないことになっています。

また、盗難等の車両保険の請求、歩行中に事故に巻き込まれた際の人身事故の請求などといった運転事故以外の場合は、必ずしも三つ下がるとは限りません。その場合は、保険会社に確認をとり、どうなるのかを知っておくようにしましょう。

また、軽い接触などで、塗装や板金にお金が少し掛かってしまう場合に、等級が下がらないようにするための手段としては、自動車保険には「等級プロテクト」と言う特約があります。この等級プロテクトに入っていると、上記のような小さな出費に関しては、保険金を請求しても、等級が下がらず据え置きになります。

なお、この特約は、年に一回のみの利用できることになっていますので、等級プロテクトに入っているからといって、軽い気持ちで運転するというのは誤りです。

自動車保険見積もり比較ガイド 新着情報

自動車保険の選び方はどのようにしていますか?あなたは自動車保険をご検討中ではありませんか?自動車保険を選ぶとき困ってしまうことはたくさんの保険会社の中からどれが良いのか?と判断する点です。自分にとって一番良いのか、分らなくなってしまう方も多いのではないかと思います。そして、できるだけ保険料を安く抑えたいというのは、誰もが同じ考えだと思います。しかし、いざというときに、すばやいきちんとした対応をしてもらえる自動車保険を、選びたいものです。

インターネット上には、各社保険会社の自動車保険の見積もりを一括で請求できるサービスを提供しているサイトがあります。電話などで保険会社に、それぞれ見積もり依頼をするのは手間がとてもかかりますよね。インターネットであれば、一括で見積もり依頼ができて、かつ、その見積もり内容を、比較することができるためとても便利です。インターネット上に個人情報を入力して、見積もりを出してもらうことは情報が流出してしまうのでは?と心配になる方もいるかもしれません。

しかし、きちんとしたサイトであれば、個人情報の保護に対処しているため心配はないと思います。個人情報は、例えば、ホームページのアドレスが、「https」から始まるものであれば、SSLという暗号化を行なった上でデータ送信するといった保護がなされています。逆に、きちんと暗号化されているホームページを選ぶようにして利用することもポイントになると言えるでしょう。

自動車保険関連ニュース