自動車保険の車両保険

自動車保険とは、その対象となるものによって、いくつかに区分されますが、その中でも、車両を対象とした保険のことを、車両保険といいます。つまり、車両保険は、自分の車の損害を補填するための保険です。例を挙げると、車と車の衝突・接触事故、単独での事故などです。

この車両保険というのは、対人、対物のように、「相手の被った損害」に対しての補填ではありません。そのため、自動車保険において、それほどは重要視されてはいません。自分の損害は、トラブルの元にはなりませんし、他人に迷惑をかけてしまうということもないので、当然と言えば当然かもしれません。

それでは、車両保険とは、どういった方にお勧めできる保険なのかというと、まず、高級車を所有している場合が挙げられます。高級車は、わずかな接触によって出来た傷でも、高額な修理代が必要となる場合があります。その補填のために、車両保険に入っておく価値があると言えるでしょう。

さらに、仕事で車を使用するという場合も、必然的に事故の確率が高くなることから、車両保険には入っておいた方が良いと言えるかもしれません。

車両保険は、経済的に余裕がある場合は、入っておいて損はない保険です。ただ、景気などの影響から、最近では、自動車保険の在り方が見直されています。そして、全ての保険に加入する必要がないと言う人が増えてきている今、車両保険をパスするという考えが増えてきているということも事実です。

自動車保険に加入する人の多くは、事故を起こしてしまったときの相手に対する賠償を、最も危惧しているものですから、この流れは、いたし方ないと言えるでしょう。大事なのは、自分にとって、この保険が必要かどうかを、きちんと把握しておくことです。


車両保険とは、自分の車の損害を補償するものです。自動車保険の保険料を、なるべく安く済ませたいという場合は、車両保険に入るかどうかは迷うところです。新車や高級車であれば、盗難の恐れもあるので、つけた方が良いでしょう。

車両保険の保険料は、乗っている車の車種や、契約者の等級によっても変わってきます。車両保険は、車種ごとに料金クラスが設定されています。もちろん、高級車であればあるほど、車両保険の保険料は高くなります。車両保険には、4通りの付帯方法があります。


1)一般車両

偶然の事故によって生じた、自動車への物的損害について、補償されます。単独事故、他社との衝突、当て逃げ、台風・洪水、火災・爆発、盗難、落書き、いたずら等、ほとんどの場合の保障が受けられます。ただし、一般車両に入れば、どんな場合でも保障されるというわけではありません。法律違反の場合、故意の事故の場合、地震や津波などの災害の場合、それ以外の特殊な場合は保障されません。


2)エコノミー+限定A(特約)

エコノミーと限定Aを合わせたタイプの保障です。


3)エコノミー(特約)

自動車同士の事故による損害のみに、補償が受けられる特約です。


4)限定A(特約)

車を走行させていない時の被害について保障されます。台風・洪水、火災・爆発、盗難、落書き、いたずらなどの場合で保障が受けられます。


自動車保険の特約は、グレードアップのためというより、むしろ、保険料を安くおさえるために、補償範囲を狭くするためのものという考え方が、一般的なようです。

次の記事 >> 自動車保険の等級
自動車保険見積もり比較ガイド 新着情報

自動車保険の選び方はどのようにしていますか?あなたは自動車保険をご検討中ではありませんか?自動車保険を選ぶとき困ってしまうことはたくさんの保険会社の中からどれが良いのか?と判断する点です。自分にとって一番良いのか、分らなくなってしまう方も多いのではないかと思います。そして、できるだけ保険料を安く抑えたいというのは、誰もが同じ考えだと思います。しかし、いざというときに、すばやいきちんとした対応をしてもらえる自動車保険を、選びたいものです。

インターネット上には、各社保険会社の自動車保険の見積もりを一括で請求できるサービスを提供しているサイトがあります。電話などで保険会社に、それぞれ見積もり依頼をするのは手間がとてもかかりますよね。インターネットであれば、一括で見積もり依頼ができて、かつ、その見積もり内容を、比較することができるためとても便利です。インターネット上に個人情報を入力して、見積もりを出してもらうことは情報が流出してしまうのでは?と心配になる方もいるかもしれません。

しかし、きちんとしたサイトであれば、個人情報の保護に対処しているため心配はないと思います。個人情報は、例えば、ホームページのアドレスが、「https」から始まるものであれば、SSLという暗号化を行なった上でデータ送信するといった保護がなされています。逆に、きちんと暗号化されているホームページを選ぶようにして利用することもポイントになると言えるでしょう。

自動車保険関連ニュース