自動車保険の種類

自動車保険と一口に言っても、1つの保険だけで、全てをカバーできているというわけではありません。自動車保険は、大きく分けて、2つの種類に区分されます。それは、「自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)」と「任意保険」です。

自賠責保険とは、自動車を運転するドライバーは、必ず加入しなければならないことになっている自動車保険です。これは、法律でも義務付けられていることです。

自賠責保険証明証を車に積み込んでいない場合、3万円以下の罰金刑が課せられてしまうので、注意が必要です。また、自賠責保険に加入しないで自動車の運転をすると、1年以下の懲役、または50万円以下の罰金刑、そして、違反点で-6点となり、免許停止処分が課せられることが法律に定められています。

自賠責保険は人身事故にだけ適用され、支払金額は、傷害で120万円、死亡で3,000万円、重度後遺障害に関しては、4,000万円が限度額とされています。

それに対して、任意保険は、任意で加入する自動車保険です。自分の意思で保険の加入を決めることができ、自分の好きな保険会社を選択できます。

保険の種類は、以下の通りです。

A:対人賠償保険
B:対物賠償保険
C:搭乗者傷害保険
D:自損事故保険
E:無保険車傷害保険
F:車両保険
G:人身傷害補償保険


「対人賠償保険」は、交通事故時の他人の「身体」に対しての保障です。保障は、自賠責保険を越えた部分にされます。対人賠償保険の加入は、「無制限」にするのが良いと思います。

「対物賠償保険」は、交通事故時の、他人の車を含めた、「物」に対しての保障です。バス、タクシー、電車との接触事故などであった場合にも、対物賠償保険は適用になります。こちらも、「無制限」で加入するのが良いでしょう。

「搭乗者傷害保険」は、運転者と同乗者に対しての保障です。

「自損事故保険」は、単独で起こした事故で、相手がいない場合と、相手がいても、相手に対しての過失がゼロの場合で、運転者が怪我や死亡した場合に適用されます。このケースは、自賠責保険は適用になりませんので、その分を保障します。自損事故保険は、対人賠償保険に自動的に付帯されています。

「無保険者傷害保険」は、他車との事故において、相手方が対人賠償保険に加入していない場合に適用される保険です。


これらを組み合わせて、1セットとした形で、自動車保険に加入するのが一般的です。

自家用自動車総合保険(SAP)とは、A、B、C、D、E、Fの6つがセットになっている保険です。対人、対物ともに、示談交渉を保証するというものです。一方、自動車総合保険(PAP)とは、A、B、C、D、Eの5つをセットとした保険で、対人のみ示談交渉を保証するというものです。

一般自動車保険BAPは、基本的にはバラ売りの保険です。A、B、Fの、いずれか一つの加入を義務付けられている以外は、どれを選んでもよいという内容の保険です。自動車保険には、こういった様々な種類の保険があります。

自動車保険見積もり比較ガイド 新着情報

自動車保険の選び方はどのようにしていますか?あなたは自動車保険をご検討中ではありませんか?自動車保険を選ぶとき困ってしまうことはたくさんの保険会社の中からどれが良いのか?と判断する点です。自分にとって一番良いのか、分らなくなってしまう方も多いのではないかと思います。そして、できるだけ保険料を安く抑えたいというのは、誰もが同じ考えだと思います。しかし、いざというときに、すばやいきちんとした対応をしてもらえる自動車保険を、選びたいものです。

インターネット上には、各社保険会社の自動車保険の見積もりを一括で請求できるサービスを提供しているサイトがあります。電話などで保険会社に、それぞれ見積もり依頼をするのは手間がとてもかかりますよね。インターネットであれば、一括で見積もり依頼ができて、かつ、その見積もり内容を、比較することができるためとても便利です。インターネット上に個人情報を入力して、見積もりを出してもらうことは情報が流出してしまうのでは?と心配になる方もいるかもしれません。

しかし、きちんとしたサイトであれば、個人情報の保護に対処しているため心配はないと思います。個人情報は、例えば、ホームページのアドレスが、「https」から始まるものであれば、SSLという暗号化を行なった上でデータ送信するといった保護がなされています。逆に、きちんと暗号化されているホームページを選ぶようにして利用することもポイントになると言えるでしょう。

自動車保険関連ニュース