自動車保険の見積もりを安くするには?

最近、自動車保険の競争が激しくなってきています。自動車保険会社は、様々なサービスを提供したり、割引制度を作るなどして、顧客を呼び込むのに必死になっています。自動車保険の保険料は、なるべく安く済ませたいものです。しかし、安いだけで保険を選んでしまうと、万一事故にあった時、きちんと対応してくれるのかどうか、不安な面があります。

最近は、インターネットを使って、複数の自動車保険の一括見積もりができるようになっています。そのため、自動車保険の比較が、とてもしやすくなりました。自動車保険の見積もりを取る時には、安くするコツがあります。見積もりを取る前に、知っておくと良いでしょう。

自動車保険の割引制度は、各社で少しずつ違います。基本的なものとしては、運転する方の年齢、年間走行距離、また、車が新車であることや、安全設備がついていることなどがあげられます。

自動車保険は、車の運転者の年齢条件の限定をすることで安くなります。家族が何人かで車を運転する場合は、21歳以上、26歳以上、30歳以上と、年齢が高い条件になるほど、金額は安くなります。統計では、年齢が若いほど、つまり、運転免許をとって間もない年齢ほど、交通事故を起こしやすいという結果が出ていることから、若い人にとっては、保険料は高くなるというしくみになっているのです。

車の使用目的が、買い物などの近所のみであれば、保険料は安くなります。年間走行距離が少なければ、保険料が安くなりますが、走行距離を超えてしまうと、追加の保険料を払わなければならないということもありますので、注意が必要です。

車に、エアバックやABSなどの安全装備があれば、それらの条件を入れることで、割引になります。自動車保険は、加入者の等級によって保険料が変わってきます。等級が上がるほど、割引率が高くなり、保険料が安くなります。

運転免許がゴールド免許の場合、「ゴールド免許割引」が適用になり、安くなる場合があります。家族何人かで運転する場合は、ゴールド免許の方を、記名被保険者にするようにしましょう。保険会社によっては、見積もりと申し込みを、インターネットで行うと割引になるというところもあります。

次の記事 >> 自動車保険の種類
自動車保険見積もり比較ガイド 新着情報

自動車保険の選び方はどのようにしていますか?あなたは自動車保険をご検討中ではありませんか?自動車保険を選ぶとき困ってしまうことはたくさんの保険会社の中からどれが良いのか?と判断する点です。自分にとって一番良いのか、分らなくなってしまう方も多いのではないかと思います。そして、できるだけ保険料を安く抑えたいというのは、誰もが同じ考えだと思います。しかし、いざというときに、すばやいきちんとした対応をしてもらえる自動車保険を、選びたいものです。

インターネット上には、各社保険会社の自動車保険の見積もりを一括で請求できるサービスを提供しているサイトがあります。電話などで保険会社に、それぞれ見積もり依頼をするのは手間がとてもかかりますよね。インターネットであれば、一括で見積もり依頼ができて、かつ、その見積もり内容を、比較することができるためとても便利です。インターネット上に個人情報を入力して、見積もりを出してもらうことは情報が流出してしまうのでは?と心配になる方もいるかもしれません。

しかし、きちんとしたサイトであれば、個人情報の保護に対処しているため心配はないと思います。個人情報は、例えば、ホームページのアドレスが、「https」から始まるものであれば、SSLという暗号化を行なった上でデータ送信するといった保護がなされています。逆に、きちんと暗号化されているホームページを選ぶようにして利用することもポイントになると言えるでしょう。

自動車保険関連ニュース