自分のライフスタイルに合った、適切な自動車保険を選ぶには、なるべく多くの自動車保険会社から、見積もりを取り、しっかり比較検討することが大切です。しかし、一つ一つ見積もりを取るというのも、なかなか大変な作業です。現在では、インターネットが普及し、それぞれの保険会社のホームページから、見積もりを簡単に取ることができるようになりました。

また、インターネット上には、利用価値の高い、もっと便利なものがあります。それは、自動車保険の一括見積もりサービスです。自動車保険の一括見積もりが出来るサイトは、いくつかあります。代表的なサイトは、「インズウェブ」、「カービュー」、「保険スクエアbang!」、「価格.com」などです。これらのサイトで、簡単な入力をするだけで、複数の保険会社の見積もりを一括で取ることが可能です。

一括見積もりを利用するときには、まず、「保険証券」、「車検証」、「免許証」を手元に用意しましょう。そして、一括見積もりが出来るサイトを選び、入力して、見積もりの請求をします。そして、各社からの返事を待つことになります。数日かかることもあれば、オンラインですぐに結果が報告されるケースもあります。

最近は、自動車保険の自由化で、ダイレクト型自動車保険も普及しています。各保険会社の競争は、どんどん激化しています。各社とも、ロードサービスなど、様々なサービスを提供して、かつ、割引制度もとても充実しています。保険の内容も、毎年のように変わります。自動車保険は、毎年見直した方が良いでしょう。

自動車保険を安くしたいなら、一般的には、代理店がいらない、ダイレクト保険にすると良いと思います。ダイレクト保険とは、自動車保険を、代理店を通さずに通信販売することが解禁されたことによりできた、新しい自動車保険の契約方法です。しかし、価格だけではなく、サービスの質や保障内容をよく知って、しっかり検討しましょう。

最近、自動車保険の競争が激しくなってきています。自動車保険会社は、様々なサービスを提供したり、割引制度を作るなどして、顧客を呼び込むのに必死になっています。自動車保険の保険料は、なるべく安く済ませたいものです。しかし、安いだけで保険を選んでしまうと、万一事故にあった時、きちんと対応してくれるのかどうか、不安な面があります。

最近は、インターネットを使って、複数の自動車保険の一括見積もりができるようになっています。そのため、自動車保険の比較が、とてもしやすくなりました。自動車保険の見積もりを取る時には、安くするコツがあります。見積もりを取る前に、知っておくと良いでしょう。

自動車保険の割引制度は、各社で少しずつ違います。基本的なものとしては、運転する方の年齢、年間走行距離、また、車が新車であることや、安全設備がついていることなどがあげられます。

自動車保険は、車の運転者の年齢条件の限定をすることで安くなります。家族が何人かで車を運転する場合は、21歳以上、26歳以上、30歳以上と、年齢が高い条件になるほど、金額は安くなります。統計では、年齢が若いほど、つまり、運転免許をとって間もない年齢ほど、交通事故を起こしやすいという結果が出ていることから、若い人にとっては、保険料は高くなるというしくみになっているのです。

車の使用目的が、買い物などの近所のみであれば、保険料は安くなります。年間走行距離が少なければ、保険料が安くなりますが、走行距離を超えてしまうと、追加の保険料を払わなければならないということもありますので、注意が必要です。

車に、エアバックやABSなどの安全装備があれば、それらの条件を入れることで、割引になります。自動車保険は、加入者の等級によって保険料が変わってきます。等級が上がるほど、割引率が高くなり、保険料が安くなります。

運転免許がゴールド免許の場合、「ゴールド免許割引」が適用になり、安くなる場合があります。家族何人かで運転する場合は、ゴールド免許の方を、記名被保険者にするようにしましょう。保険会社によっては、見積もりと申し込みを、インターネットで行うと割引になるというところもあります。

自動車保険関連ニュース